寄り添ってくれる高尚な存在

人々をサポートし、正しい道へと導いてくれる──それが『アセンデッドマスター』。もう少し具体的に言うと、アセンション(※後述)を果たした霊的指導者のことです。高次元の世界に住みながら天界と地上を行き来することができ、助けを必要としている人にアドバイスをしてくれます。

アセンデッドマスターの中には、いわゆる神様や仏様も含まれます。こうして聞くと、なかなか近寄りがたい遠い存在のように思われるかもしれません。確かに高尚な存在であるのは間違いないのですが、マスターの多くは元々人として地球で暮らしていました。その上、普通の人よりも苦労や修行をした経験の持ち主。つまり、私たちの痛みを深く理解してくれる存在なのです。

アセンデッドマスターにはイエス・キリストや仏陀などがいるので、その宗教を信仰していないと助けてもらえないのではないかと思われる方もいるでしょう。しかし、心配する必要はありません。どの宗教を信仰していようと無宗教だろうと、皆平等に見てくれます。アセンデッドマスターに幸せになりたいと心から願い行動していれば、慈悲の心で私たちを見守り幸せな道へと導いてくれるのです。

アセンションとは一体何なのか?

先ほど、アセンションを果たした霊的指導者のことをアセンデッドマスターだと述べました。では、「アセンション」とは一体何なのか見ていきましょう。

アセンションとは、人が持つ波動を上昇させて次元を高めることです。私たちが住んでいる世界は3次元で、一般的な人がアセンションをすると3次元から5次元へと移行します。5次元とは、縦・横・高さに【時間】と【空間】の概念を足したもの。時間や空間を超えて、どんな時代のどんな場所でも意識を飛ばせるようなイメージです。5次元以上に次元を高められる人もいて、より高い次元に到達するほど、アセンデッドマスターと意識を繋げられる可能性が高まります。

アセンション(ascension)は名詞で、元々の意味は、上昇、キリストの昇天です。動詞はアセンド(ascend)で、上昇する、地位的に向上するという意味。そして、過去形・過去分詞形がアセンデッド(ascended)になります。つまり、アセンデッドマスター(Ascended Masters)は次元の上昇を果たした人物なのです。

アセンデッドマスターたちは11次元や13次元などにいるので、一般の方では存在を認識することはできません。しかし、あなた自身もアセンションすることによって、意識を繋げられることもあります。また、アセンションをしていない人でも、アセンデッドマスターの存在を信じて助けを求めることでサポートを受けられることもあるでしょう。

マスターからサポートを受けるには?

アセンデッドマスターの助けがあれば、どんな人でも幸せに近づくことができます。では、彼らのサポートを受けるためには何をすればいいのでしょうか?

いくつか方法はありますが一番簡単で確実なのは、すでに高次元の霊的存在と自由にチャネリング(繋がること)ができるチャネラーを通して、アセンデッドマスターのお言葉を受け取る方法です。レベルが低いチャネラーもいるので、チャネリングをお願いする場合は実績を確認すると良いでしょう。

自分でチャネリングするには、精神を浄化する必要があります。高次元の存在と繋がるので外側に意識を向けたくなりますが、自分の内側に意識を向けるのがポイントです。最も効果的なのは瞑想なので、定期的に行なって精神をクリアな状態にしておくと良いでしょう。

基本的には、姿を現さずにサポートするのがアセンデッドマスター。意識しないとサポートを受けていると気づかない場合もあります。常に忙しくしていると心も体も余裕がない状態になり、せっかくのお言葉があなたに届かなくなるでしょう。

たまには立ち止まり、周りをじっくり見渡す時間を確保することをお勧めします。余裕があると良いひらめきが増えたり、直感が働くようになるので、素直な気持ちで受け止めましょう。きっとそれもアセンデッドマスターのサポートなのです。メッセージを受け取ったら感謝を伝えるようにしてください。そうすると、さらなるサポートを受けやすくなるでしょう。

人は輪廻転生を繰り返し、魂を成長させていきます。生きていれば、不本意な出来事に遭遇することもあるでしょう。しかしそれは、あなたの魂を成長させるための人生の課題なのです。

人生の課題を解決するためにアセンデッドマスターの助けを借りることは、決してズルではありません。日常生活では、友達や家族、上司、教師などの助けを借りることもあるでしょう。問題なのは、課題を放置して逃げること。課題に立ち向かい、解決することが大切なのです。大きな壁が立ちはだかっている、どうしても幸せになれない、そんな方は遠慮なくアセンデッドマスターに助けを求めましょう。